知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い

病院で喘息薬を処方してもらった時に、
「テオドール」という薬を頂いた事があります。
この薬は気管支を広げて、呼吸を楽にしてくれるものです。

このテオドールには
「頭痛・吐き気・手の震え・不眠」などの
副作用があるといいます。
その上、量が難しく、少ないと効かず、
多いと副作用が出やすいといいます。
中でも「吐き気」が起きた時には、
脱水症状に注意しなければなりません。
「吐く」という行為によって、
カリウムやナトリウムと呼ばれる
電解質が失われてしまうからです。
電解質には体内の水分を調整する働きがあります。

わが子が2歳位の時に、喘息の発作が出た時の事です。
発熱も有り吐き気があるのか食欲も無く、
食べても吐いてしまうの繰り返しでした。
小児科の先生は、薬を変えてくださり、

・なるべくこまめな水分補給を心掛ける事。
・スポーツドリンクをオススメするが、
子供が飲める ものを少しずつ、ゆっくりと。

というアドバイスを頂きました。

ただ私は子供が虫歯になるのが嫌で、
3歳になるまではジュース類を飲ませていませんでした。
しかも病気中であれば、
歯ブラシは無理強い出来ないので。

そこで先生に
「普段からジュースを飲ませていないので、
虫歯になるのが心配なんですが・・・」というと、
「子供の風邪を治すことが先決でしょ!」
と叱られてしまいました。
確かに、おっしゃる通りだな・・・と、妙に納得しました。




トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.