知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


子供の咳の症状、喘息?それとも風邪?

咳とは気道のどこかに外から入り込んだウィルスやホコリ等、
異物を追い出そうとして、起こる防御反応です。
しかし咳が出るということには、
何か原因となるさまざまな病気がかくれています。

アレルゲンを吸い込み、
それに反応して起こる喘息による咳なのか?
単なる風邪なのか?また意外ですが副鼻腔炎によっても、
咳の症状が出るそうです。

特に子供の咳は体内になんらかの異物があると、
伝えるサインなので、親は注意深く見守ることが大切です。

咳には乾いたような咳や、痰がからんだような咳があります。
どんな咳が出ているのか知っておくことは、
病院を受診した際に、重要な情報となります。

大人でも子供でも夜中に咳が出始め、
すぐに病院を受診出来ない時は、
加湿器を使って部屋を適度に加湿してあげてください。
加湿器が無い時はバスタオルをしぼって、
部屋に干しておくのも有効です。

そしてゆっくり少しずつ水分を、とりましょう。
体の状態を起こしてあげることも、症状が少し和らぐので、
オススメです。

また乾燥する季節のケアとしては、
「うがいをこまめにする」事も、咳の予防としては大切です。
1日3回すると効果的だそうです。
簡単なのですぐに実行出来ますね。
マスクをして喉を保護、保温してあげる事もお忘れなく。

咳が頻繁に続く時は必ず病院を受診し、
自分の症状にあった薬を処方してもらいましょう。




トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.